日日読書

(にちにちどくしょ)最新おすすめ本のレビューです。

出会い、別れ、再開。挑戦、挫折、達成。「きっとうまくいく」

チックタック 約束の時計台 (にしのあきひろ 著)幻冬舎 「はぁ、もうダメだ。何もかもうまくいかない……」 大人になれば誰しも一度は絶望の縁に立った経験があるのではないかと思います。 そんな自分への処方箋としておすすめなののがこちら。 もはや言わず…

最強の開運待ち受け男「SHOCK EYE (ショックアイ)」に学ぶ

歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣 SHOCK EYE (湘南乃風)著 講談社 この本は、極めて珍しい類といえるでしょう。 なぜなら、本書を一言でまとめると、 「ゲッターズ飯田に『すごい運気の持ち主』と言われた人の本」 だからです。 …

社内政治は最もラクで得!誰でも組織を変えられるぞ!

THE TEAM ザ・チーム 5つの法則 麻野耕司 (著) 幻冬舎 「今さら『チーム』とか言われても、え~っ!、ってなりません?」 本書の出版記念トークイベントは、著者のそんな身も蓋もない話からスタートしました。 (左:著者 右:箕輪厚介 ) ご存知カリスマ…

彼女の声が聴こえる。それは即ちこの本の文章そのものだ。

キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語 小林さやか(著) マガジンハウス まず最初に言っておきたいことは、 「すいません、マジなめてました。ごめんなさい」 ということです。 本書は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役…

スピリチュアルは抽象度を天高く上げて野暮を抜けばわかる

そうだ 魔法使いになろう! : 望む豊かさを手に入れる 吉本ばなな 大野百合子(著) 徳間書店 この本のゲラを読者の目線で読んでいたら、つい「この人たち、頭大丈夫?」と思ってしまうくらい、突き抜けた内容の対談でした(笑)。 (吉本ばなな 7ページ まえ…

行き着く先は「何がやりたいことなのかわからない問題」

働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる 橘玲 (たちばなあきら) 著 PHP研究所 著者の橘玲(たちばなあきら)氏の著作は、「幸福」に軸を置いてお金や仕事の話を綴ったものが多いという印象です。 私は著者のトークイベントに参加したこともあり…

「仕事とは人に役立つ暇つぶし」いただきました。

労働2.0 やりたいことして、食べていく 中田敦彦(著) PHP研究所 このところ30代ぐらいの方が書いた新刊のビジネス書を読んでいて、共通しているキーワードがあります。 それは、 「やりたいこと」 です。 堀江貴文さんがずっとおっしゃっているように、 「…

野球論から学ぶ大局観。野球好きビジネスマン必読!

セイバーメトリクスの落とし穴 お股ニキ(@omatacom) 光文社新書 MLB(メジャーリーグ)には「クレイトン・エドワード・カーショウ」というとんでもなく優秀なピッチャーがいます。 もちろんカーショウについて本書でも大いに触れられていますが、著者は気が…

お金との付き合い方の原理原則を措定しよう!

これからを生きるための無敵のお金の話 ひろゆき(西村博之)著 興陽館 この本の命題は どうしたら幸せになれるのか? どうしたら不安から解放されるのか? そのために、お金とどう付き合っていけばいいのか? の3点です。 そして、この3点に関しては私の…

公立の学校は人生で最も難易度が高い酷なステージ

学校ハラスメント 内田良(著) 朝日新書 教育とはその営為の形式からして、ハラスメントとしての性格を内包している。 (6ページより) 本書を読み終えて、語りたいことは山程ありますが、その前にこの記事で用いる『ハラスメント』という言葉の定義を確認…

ひろゆきよ、未来予測は君に任せた!!

このままだと、日本に未来はないよね。 ひろゆき(西村博之)著 (洋泉社) 「え~!日本に未来ないとか困るんですけど~!」 そう感じたあなたにぴったり、読んでおいて間違いない一冊が本書です。 著者のひろゆき氏と言えば「2ちゃんねる」や「ニコニコ動…

全人類は、誰もがみんな「俺か、俺以外か。」

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 ROLAND (著) KADOKAWA まず、本書のスタイルとして理解していただきたいのが、著者のROLAND(ローランド)は、現代ホスト界の生ける伝説であり、類まれに美しい容姿とマインドを持った人物であるということです。…

あなたは一日で何回冷蔵庫を開くか?自分を褒めたいお弁当作り

お弁当作りは実戦の毎日 「毎日毎日、ご飯のことばかり考えていて嫌になる!」 私の妻の心の叫びです(汗) 全国のママさんは、早ければお子さんが3歳ぐらいから、家事としての「お弁当作り」に参戦します。 妻曰く、「お弁当作りはボディーブロー」とのこ…

嘘は感情ではなくて、環境によって「つかされる」

新世界 西野亮廣 著 (KADOKAWA) 私の尊敬する人が、著者が主宰のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」に参加していると聞き、本書を手に取りました。 著者の西野亮廣といえば、「キングコング」として非常に有名なお笑い芸人さんですが、最近では絵…

言葉が意見を伝える道具ならば、まず意見を育てる必要がある!

「言葉にできる」は武器になる。 梅田悟司 著 (日本経済新聞出版社) 言葉が意見を伝える道具ならば、まず意見を育てる必要がある。 書店でベストセラー本をパラパラと流し読みしていると、本書のその言葉が私の脳に飛び込んできました。 私は会社でも家庭…